SALLYS RUNNING DEPT.

ABOUT

SALLYS RUNNING DEPT.は"走ること=楽しい!"という体験を、多くの方に味わってもらいたいと考えています。
そのために、メーカー・小売店としての役割だけでなく、地域のランナーやトレイルランナーたちのコミュニケーション拠点としての役割、情報発信地になることを目指しています。

*ランナーが心躍るアイテムと出会えるセレクトショップ

ランナーにとって"高い機能性・使って嬉しいファッション性"を兼ね備えた商品を、他店には無いような物でも各地から探して取り扱っていきます。

自社製品について、アスリートの方が実際の競技で使用した感想を元に、縫製ひとつとっても細かい改善を施しています。

仕入れる商品については、アスリートの方やランナー仲間の声を聞いて、実際に走っていて生まれた要望に応える商品を探して、仕入れています。

初心者の方から経験者の方まで、それぞれのお悩みに対して商品の特徴説明・提案が出来るコンシェルジュたれるような専門性をメーカーさんからご評価いただき、販売を任せていただいた商品もございます。(店舗情報はこちら)


*ランナーのコミュニケーション拠点として

ナイトランやグループランなど、初心者から経験者の方に向けて様々なプログラムのイベントを開催していきます。

走りたいな、と思ったら好きなイベントの時にふらりと立ち寄れる居心地の良さ、その時出会ったメンバーと一緒に走る時間・そこで生まれる交流を楽しんで頂きたいです。


*専門知識を高める情報の充実

「追い求める記録を達成するために何が足りないのか」「今の取り組みは自分にとって合っているものなのか」等、個人で走るなかでは中々得られない情報について、現役アスリートや専門家をお招きして知識を高めるイベントも開催します。

ランニングによる怪我のリスクを下げるための練習方法やアフターケア、リカバリー、食に関する知識や情報の発信を予定しています。

オーナー紹介

SALLYS RUNNING DEPT.店長の藤森 暁です。
ランニングを始めたのは中学生の頃からです。当時、陸上・アルペンスキー部に所属していて、体力づくりのために日常的に走っている中で、個人でも時間が空いた時に手軽にできるランニングに魅力を感じるようになりました。高校生のときからは、トレーニングを兼ねて登山もしていました。
2013年頃よりランニングを始め、本格的にマラソン、トレイルランニングに取り組んだのが2015年となります。初めて出場したマラソン大会(黒部名水マラソン)で後半足が攣ったり痛くなったり走りきる事ができず4時間後半でゴール。42kmがこんなに長いものなのかとマラソンの厳しさ、奥深さ、そして楽しさを知りました。その後、練習メニューを見直し、ランニングに対して以前より真剣に取り組むようになりました。5ヶ月後の第1回富山マラソンで念願のサブ4を達成し、マラソンの魅力にはまるきっかけとなりました。
三十代も後半に差し掛かった時、友人の誘いもあり次第にトレイルランニングへの興味が高まり、ロードランニングと並行してトレイルランニングにも取り組むようになりました。
トレイルランニングには完走できた事や、想定外のトラブルを乗り越えたことで得られる満足感があり、ロードランニングと違って新鮮でした。
また走力だけではなく、経験や補給など総合的な力が求められること、自然の中の路面は不整地が多くバリエーションに富んでいるので走っていて飽きないのも魅力でした。
こうして現在、年間約2本のフルマラソン、40km〜80kmくらいの距離を中心にトレイルランニングレースに出場しながら日々ランニングを楽しんでいます。

【主な出場大会】
2016 立山登山マラニック(60km)・峨山道トレイルラン(75km)
2017 若狭路トレイルラン(43km)
2018 UTMF-STY(92km)・The 4100D マウンテントレイル in 野沢温泉(65km)・峨山道トレイルラン(73km)
2019 TOGA天空トレイルラン(43km)・美ヶ原トレイルラン(80km)・The 4100D マウンテントレイル in 野沢温泉(23km)・ULTRA MAOKONG(21km)
2015-2018 富山マラソン(フル)
2016.2018 能登和倉万葉の里マラソン(フル)
2015-2017 カーター記念黒部名水マラソン(フル)
2020 立山登山マラニック(65km)

SALLYS RUNNING DEPT.に込めた想い

私は元々、ファッションやガジェット、新しい物が大好きでした。

ランニングを始めてからも、機能性に優れているだけでなく、ファッションや個性も兼ね備えたギアを、量販店・県内外のお店やネットで探し回っていました。

しかし、機能は充分だけど使って嬉しいオシャレさを両立したアイテムはなかなか見つかりませんでした。また、ネットだと実際に手にとって使い心地や便利な機能を確かめることが出来ないな、と感じていました。

そんな思いを抱えた、一人のごく普通のランナーでした。


そんな私に、転機が訪れます。

ランナー向けのグッズを、富山県の企業で新たに開発する機会を頂いたのです。

確かな機能性・使いたくなるデザイン…仲間のランナーの声を聞きながら徹底的にこだわって、開発に費やした期間は2年。

普段走りながら感じていた「もっとこうだったら良いのに…」をとことん突き詰め、形にしていきました。


そうして製品作りに取り組む間、私は多くの人との繋がりを得ました。

「この部分について、どう思う?」「この機能について詳しい人って、誰か知らないかな?」

ランナー仲間に相談するなかで、アスリートの方・メーカーの方・小売店の方等様々な人を紹介して

もらい、その立場の方だからこそ持っている意見を沢山うかがうことができました。

ランナーにとって本当に良いものを作る、その情熱から広がっていった繋がりは、私にとって得難いものでした。


新製品は無事完成。そして、その企業から「ランニンググッズを販売する新たなブランドを社内で立ち上げないか」とお声を頂きました。

「ランニングを通して広がっていった繋がりを、今度が自分が生み出すきっかけになりたい!」プロジェクトを通してそう思っていた私にとって、それはまたとない機会でした。

こうして、ランニング・トレイルランニングギアブランドのSALLYS RUNNING DEPT.は誕生しました。

地元 富山・北陸への想い

私の住む富山県は山と海、非常に豊かな自然に囲まれています。

標高3000m級の山々が連なる北アルプスの雄大な立山もあれば、家の近くを見渡せば標高100メートル程の里山も点在しています。

そうした様々な自然の中から、自分の好み・レベルに合わせて手軽にランニング・トレイルランニング・登山を楽しむことが出来る、ランナーにとっては非常に恵まれた土地と言えるでしょう。

ランニング・トレイルランニングは若者から中高年まで幅広い年齢層が同じコミュニティを作り、一緒に体験できる、魅力的なスポーツです。

これから始めてみたい方にとって、低限の正しい基本知識と経験も勿論必要ですが、何より大切なのは"走ることって楽しい!"という経験です。そのためにも、「ランニングはこうあるべき・練習有るのみ」という堅苦しさを取り払いたいです。自分にとっての走る楽しさが見つけられるお手伝いを、SALLYS RUNNING DEPT.は行っていきます。

また、ランニングやトレイルランニングだけでなく、幅広い年齢層を対象にウォーキングやハイキングなど地域の健康増進や生涯スポーツの発展に寄与したいと考えています。

地元の皆さんに親しまれる自然のなかで、走ることの楽しさに気付き、これまでにない経験を見つけ、人と繋がる温かな場を作りたい…

SALLYS RUNNING DEPT.は“ランニング”を通して、地元 富山県を元気いっぱいに、少しでも多くの人に走ることの楽しさを見つけてもらいたいと考えています。